第二言語習得学会 The Japan Second Language Association

【他学会】2019年度 国内・国際学会 開催情報

2019年度に行われる 国内・国際学会一覧です(J-SLAの分野と近い学会)。
各学会のHPで 必ず情報をご確認ください。

[2019年]

・2月21-22日,  Lycée Français de New York, アメリカ【発表申込締切:2018年7月31日】
MOBILE LANGUAGE LEARNING EXPERIENCE International Conference

・3月9-12日,  Atlanta, アメリカ【発表申込締切:2018年8月20日】
2019 American Association for Applied Linguistics (AAAL)

・3月16-17日, Tsinghua University, 北京【発表申込締切:2018年12月10日】
https://icteap2019.github.io/2018/10/cfp/

・3月22-24日, University of Nevada Reno, アメリカ【発表申込締切:2018年11月2日】
XV Generative Approaches to Second Language Acquisition Conference

・3月25-27日, University of Malta,  マルタ【発表申込締切:2018年8月1日】
2nd International Conference on Bilingualism

・3月29-31日, University of Colorado Boulder, アメリカ【発表申込締切:2018年12月10日】
32nd CUNY Conference on Human Sentence Processing (CUNY 2019)

・6月17-19日, フィンランド【発表申込締切:2018年11月5日】 
 Thinking, Doing, Learning: Usage based perspectives on second language learning (TDL4)

・6月23-28日, カナダ【発表申込締切:2018年 10月15日】
International Symposium on Bilingualism 12 (ISB12)

・6月26-28日, Palma de Mallorca, スペイン【発表申込締切:2018年12月1日】
Experimental Psycholinguistics Conference (EPC)

・7月1-3日, イギリス【発表申込締切:2018年12月25日】
Acquisition of Chinese: Bilingualism and Multilingualism

・8月28-31日, ルンド, スウェーデン【発表申込締切:2019年1月31日】
EuroSLA 29

 ・9月19-22日, Michigan State University, アメリカ
Second Language Research Forum (SLRF) 2019

【その他】第3回日本語教育専攻学生のための研究セミナー「教育現場と第二言語習得研究をつなぐ―文献研究の意義:テーマ探しから教育への還元までー」[2019年1月25日(金) 16:00-17:30東京外国語大学]

東京外国語大学大学院国際日本学研究院主催日本語教育専攻学生のための研究セミナー 「日本語教育学研究と学習者言語研究のクロスポイント」のお知らせ
 
◆第3回日本語教育専攻学生のための研究セミナー
 「教育現場と第二言語習得研究をつなぐ―文献研究の意義:テーマ探しから教育への還元までー」講師 小柳かおる氏(上智大学)

【日時】2019年1月25日(金)16:00~17:30(開場15:55)

【場所】東京外国語大学留学生日本語教育センターさくらホール

【会費】無料、どなたでもご参加いただけます

第3回セミナーの申し込みはこちらからどうぞ。→ 第3回セミナー(1/25)

(ジャンプ先のURL:https://goo.gl/zCoR13

◆お問い合わせはこちらまで:石澤徹(t.ishizawa@tufs.ac.jp

◆今後のセミナーの予定【updated】

【研究セミナー】

第4回:2019年2月8日(金)島田めぐみ氏(日本大学)

「言語教育のための統計基礎」

第5回:2019年3月14日(木)坂本正氏(名古屋外国語大学)

「大学院での研究指導をふり返って:過去、現在、そして、未来」

【特別講演会】

2019年3月1日(金)百濟正和氏(英国・カーディフ大学)

2019年3月14日(木)伊東祐郎氏(東京外国語大学)

【その他】Investigating Linguistic Knowledge and Behaviour among L2 Learners: Sounds and Measurements [3/4 (月)Language Institute, Thammasat University (Bangkok)]

中央大学 若林茂則氏の科研チームとタイ王国タマサート大学の言語学部(LITU)とのコラボレーションで、コロキウムが開催されることになりました。詳しくはこちらをご覧ください。

【教員公募】静岡県立大学 特任教員の公募 (言語コミュニケーション研究センター )

このたび本学では、特任教員を公募いたします。
詳細はこちらをご覧ください。

【その他】言語系学会連合主催特別講演会「外国語習得を探求する」[2019年2月23日(土)14:00-16:00 聖心女子大学]

2019年 2月23日(土)14:00-16:00聖心女子大学にて特別講演会が開催されます。詳細はこちらをご覧ください。

【教員公募】 公立鳥取環境大学 非常勤講師(人間形成教育<Intensive English>)の公募について

この度、英語教育分野の非常勤講師の公募を行うこととなりました。

 指定様式については、本学ホームページよりダウンロードとなっております。
(和文)http://www.kankyo-u.ac.jp/about/publicoffering/recruit/20181213/
(英文)http://www.kankyo-u.ac.jp/about/publicoffering/recruit/20181214/

募集要項はこちら

【他学会】 Call for Papers: The Japanese Society for Language Sciences 21th Annual International Conference (JSLS2019)

Call for Papers

The Japanese Society for Language Sciences 21th Annual International Conference (JSLS2019)

DATES: July 6 (Saturday)- July 7 (Sunday), 2019

VENUE: Tohoku University, Kawauchi Campus

ABSTRACT SUBMISSION DEADLINE: January 31 (Friday), 2019 (Japan Standard Time).

VENUE
JSLS2019 will be held at Tohoku University (Kawauchi Campus). The campus is approximately 5 minutes by subway from the Sendai Station.
https://www.tohoku.ac.jp/en/about/map_directions.html

Plenary:
Ping Li (Pennsylvania State University)
Language and Brain (tentative)

Invited Symposium:
Contribution of brain science to language science (tentative)Presenters:

Yasuyo Minagawa (Keio University)
Shinri Ohta (Kyushu University)
Hyeonjeong Jeong (Tohoku University)
Discussant: Ping Li (Pennsylvania State University)
Moderator: Mariko Nakayama (Tohoku University)
Workshop (1) Corpus Linguistics (tentative)
Organizer: Kei Yoshimoto (Tohoku University)
Workshop (2) Methods for the cognitive neuroscience of language (tentative)

Presenters:
Michiru Makuuchi (National Rehabilitation Center for Persons with Disabilities)
Takenobu Murakami (Fukushima Medical University)
Yohei Oseki(Waseda University)
Discussant: Motoaki Sugiura (Tohoku University)
Moderator: Sachiko Kiyama (Tohoku University)

Detailed information on the submission process will soon be available on the conference website:
https://jsls.jpn.org/con/jsls2019/en/

The deadline for submission of abstracts is January, 31, 2019 (JST)

For inquiries, please contact us at *jsls-conf@googlegroups.com*

【他学会】XV Generative Approaches to Second Language Acquisition conference (GASLA 15) [2019年3月22日-24日, University of Nevada, Reno]

The Department of World Languages and Literatures at the University of Nevada, Reno is pleased to announce the XV Generative Approaches to Second Language Acquisition conference (GASLA 15) to be held at the University of Nevada Reno on March 22-24th, 2019.

【他学会】Second Call for Papers:ICTEAP-2 [2019年3月16-17日, Tsinghua University, Beijing]

ICTEAP-2 poster 1     It is our great pleasure to annouce that the Second International Conference on Theoretical East Asian Psycholinguistics (ICTEAP-2) will be held on March 16-17, 2019, at Tsinghua University, Beijing, China. We invite submissions of papers in any area of L1 and L2 acquisition, (bimodal) bilingual acquisition, language processing, and cognitive neuroscience of language, among others, as well as theoretical studies (in phonology, morphology, syntax, semantics, or pragmatics) that have implications for “Plato’s Problems”.
Important dates:
Deadline for abstract submissions: December 10, 2018
Notification of acceptance: January 25, 2019.
More details can be found at the conference website: https://icteap2019.github.io/2018/10/cfp/. You can also access the conference information and call for papers at https://linguistlist.org/issues/29/29-3810.html. 
We would be much grateful if you could help spread the conference information. Attached please find the conference poster.
If you hany any question, please feel free to contact us.
Thank you for your support and we look forward to welcoming you at Tsinghua University!

【他学会】学会発表募集(締切日2018年12月25日) Acquisition of Chinese: Bilingualism and Multilingualism[開催日2019年7月1日-3日Churchill College, University of Cambridge]

     We are inviting abstracts for presentations at a conference on Acquisition of Chinese: Bilingualism and Multilingualism, which will take place on 1-3 July 2019 at Churchill College, University of Cambridge, Cambridge, The United Kingdom. (The deadline for submission of abstract is 25th Dec. 2018.) At this conference, we will take Chinese as a target language, and the aim is to bring together researchers in the fields of bilingual and multilingual research to discuss issues in L2, L3 or Ln acquisition of Chinese by adults, children and heritage speakers. We particularly welcome papers focusing on theoretical (linguistic, psycholinguistic, cognitive, etc.) and empirical approaches to these themes. More detailed information can be found at the following website.

http://www.acbm2019.co.uk/index.html

We would be grateful if you could help to publicise this conference. It goes without saying that we welcome your submissions as well.

With my best wishes and thanks,

【他学会】 『第二言語としての日本語の習得研究』誌から学位論文情報の募集

*第二言語習得研究会(JASLA)からのご案内です

<学位論文の情報募集について>

 『第二言語としての日本語の習得研究』誌では,第二言語としての > 日本語の習得研究に関する学位論文(博士論文・修士論文)の情報  を,広く募集しております。 海外で取得された博士号・修士号も対象内です。  学位を取得された方は,以下の論文情報を電子メール本文として, ジャーナル編集委員会事務局<jasla.journal.21.22@gmail.com> 宛にお送りください。(ファクス,郵便での送付はご遠慮ください。)  締切は2018年10月10日(水)です。 
    第20号に掲載できるのは,2018年9月末日までに学位を取得 > された方の論文です。この時点で取得予定のものは,該当いたしま せん。いただいた情報は,『第二言語としての日本語の習得研究』「博士 論文・修士論文紹介」欄に掲載させていただきます。掲載の可否は ジャーナル委員会にご一任ください。なお,語句や表記について, 修正をお願いすることがございます。この点,ご了承ください。 どうぞよろしくお願いいたします。 
    ●記入フォーマットと例 
(1)博士論文の場合  
〔執筆者氏名〕習得花子  
〔E-mailアドレス〕(本誌に掲載します)
〔論文題目〕第二言語としての日本語の習得研究   
〔キーワード〕第二言語, 日本語,習得研究   
〔機関〕○○大学大学院文学研究科日本語学専攻(専攻名まで) 
〔取得学位・年月〕博士(文学),2018年 ​9 月 
〔要旨〕(日本語で1000字以内。英文の論文の場合も要旨は和文でお願いし ます。)
 
(2)修士論文の場合
〔執筆者氏名〕学習太郎
〔E-mailアドレス〕(本誌に掲載します)
〔論文題目〕第二言語としての日本語の学習過程  
〔キーワード〕第二言語,日本語,学習過程
〔機関〕△△大学大学院教育学研究科教育学専攻(専攻名まで)
〔取得学位・年月〕修士(教育学),2018年9月  
 ※〔E-mailアドレス〕につきましては,当該論文の問い合わせ先と して掲載いたします。本誌にアドレス掲載を希望されない場合は, 記入不要です。

 既刊号については,こちらでご覧いただけます。
 http://jasla.sakura.ne.jp/3.html

PageTop [↑]