第二言語習得学会 The Japan Second Language Association

【他学会】2020年度 国内・国際学会 開催情報

2020年度に行われる 国内・国際学会一覧です(J-SLAの分野と近い学会)。各学会のHPで 必ず情報をご確認ください。

[2020年]
・3月13-14日, University of Hawaii at Hilo, ハワイ【発表申込締切:2019年9月1日】
Hawaiʻi International Conference on English Language and Literature

・ 6月24-26日, Rorschach / Switzerland【発表申込締切:2019年11月30日】
Variation in Language Acquisition (ViLA 4)

・7月1-2日, University Teknologi Malaysia【発表申込締切:2019年11月30日】
LSP-PacSLRF2020

・8月9-14日, Groningen, オランダ 【発表申込締切(シンポジウム):2019年5月6日】
AILA2020

・8月21-23日, the University of Iceland, Reykjavík, Iceland【発表申込締切:2020年1月15日】
Generative Approaches to Language Acquisition ‒ North America 9 (GALANA 9)

・9月10-13日, National Institute for Japanese Language and Linguistics, 国立国語研究所 【発表申込締切:2019年9月30日】
QUALICO 2020 (International Quantitative Linguistics Conference)

【英語非常勤講師募集】同志社大学

同志社大学(今出川校地)では来年度4月1日からの英語非常勤講師を募集しております。是非応募下さるようお願いいたします。

締め切りは2020 年1月7日です。詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

 

【教員公募】静岡県立大学言語コミュニケーション研究センター

静岡県立大学言語コミュニケーション研究センターでは特任教員を公募しております。詳細は下記リンクをご確認ください。よろしくお願いします。

https://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/guide/rec-bid/staff-recruitment/
公募文
https://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/media/recruitment20191016.pdf

【その他】Call for Applications for Hong Kong PhD Fellowship Scheme, 2020-21

The deadline for application for the Scheme is 2 December 2019 
(12 noon Hong Kong time).HKFPS eposter_2020-21 entryThe results will be announced by the RGC in March 2020. Firm admission offer with regular postgraduate studentship will be given to selected CityU’s nominees, even if they are not awarded the Fellowship by the RGC. The admission offer will be confirmed by the University in January 2020. [pdf]



【他学会】LSP-PacSLRF 2020 [July 1-2, 2020, Universiti Teknologi Malaysia]

LSP-PacSLRF 2020 Conference is a joint conference of the 12th Language for Specific Purposes International Seminar and the 8th Pacific Second Language Research Forum hosted by Universiti Teknologi Malaysia (UTM). [web]

【他学会】Information on KIMLI 2020 Congress [2020年8月20-22日, UNHAS, Indonesia]

KIMLI 2020 FlyerPlease find attached flyer of KIMLI, International Congress of Indonesian Linguistic Society 2020 that will be conducted at UNHAS in cooperation with Indonesian Linguistic Society.

【その他】国立国語研究所 令和元年度公募型研究のご案内

国立国語研究所 令和元年度公募型研究のご案内

このたび国立国語研究所では、日本語・言語に関する研究のさらなる発展を図るため、下記の公募型研究の公募を開始しました。

■「共同利用型」研究
国語研が保有する研究資料・言語資源・分析装置等を利用して行う研究

詳細は以下のウェブサイトをご参照ください。
URL: https://www.ninjal.ac.jp/research/project-3/

申請受付期間: 
令和元年8月1日(木)~令和元年11月15日(金)17時(必着)

問い合わせ先:国立国語研究所 研究推進課
       電話:042-540-4353  
       Email:suishinka@ninjal.ac.jp

 

【その他】パデュー大学大学院生募集

米国インディアナ州パデュー大学では、添付書類の通り、日本語教育、日本語の(応用)言語学的研究に興味のある大学院志願者を募集しています。修士課程、博士課程どちらでも出願可能です。合格者はハーフタイムの非常勤講師として雇用、授業料免除に加えて年収US$18,000が支給されます。そしてこの待遇は、特に問題がない限り修士課程の二年間、博士課程の最高五年間保証します。詳しくは、こちらをご覧ください。

【その他】 『多言語母語の日本語学習者横断コーパス(I-JAS)』(第三次データ)一般公開のお知らせ

このたび、国立国語研究所 日本語教育研究領域では『多言語母語の日本語学習者横断コーパス』(I-JAS)の第三次データを公開いたしました。 (第一次・第二次データでは、これまで400名の日本語学習者(12の言語の母語話者)と50名の日本語母語話者のデータが含まれています。)

今回、第三次公開で追加されたデータは、中国語母語話者50名、ベトナム語母語話者35名、ハンガリー語母語話者35名、
スペイン語母語話者35名、ロシア語母語話者35名、国内教室環境学習者10名、国内自然環境学習者10名の計210名分です。
利用できるシステムおよびデータは、以下の通りです。

(1)検索システム『I-JAS中納言 第三次公開版』

(2)発話プレインテキスト

(3)発話の音声データ

I-JASのHPおよび第三次データの詳細情報は以下のサイトにて掲載 しています。

第三次データをご使用の前に必ずご参照ください。

●I-JAS HP:http://lsaj.ninjal.ac.jp/

●第三次データの詳細

I-JAS関連資料>http://lsaj.ninjal.ac.jp/?page_id=364

I-JAS第三次公開にともない、I-JASのデータは、610名の日本語学習者と50名の日本語母語話者のデータが揃いました是非、ご利用ください。

尚、I-JASに関するお問い合わせの連絡先は以下のとおりですデータの不備等を見つけられた方は、ご連絡をよろしくお願いいたします。

問合せ先:国立国語研究所 日本語教育研究領域 I-JASチームlsaj@ninjal.ac.jp

                                   I-JAS プロジェクトチーム 迫田久美子

                                                    佐々木藍子

                                                    須賀和香子

                                                    細井陽子

PageTop [↑]