第二言語習得学会 The Japan Second Language Association

【重要】ホームページを移設しました

J-SLAのホームページを移設しました。

新しいホームページは以下となります。

日本語:https://jp.j-sla.org/

英語:https://en.j-sla.org/

*上記URLにアクセスできない場合は、以下をご利用ください。

 日本語: https://sites.google.com/view/j-sla/j-sla?authuser=2

英語: https://sites.google.com/view/j-sla-en/j-sla?authuser=2

 

このページは6月以降は利用できなくなります。ブックマークの変更など、ご対応よろしくお願いいたします。

【他学会】2020年度 国内・国際学会 開催情報

2020年度に行われる 国内・国際学会一覧です(J-SLAの分野と近い学会)。各学会のHPで 必ず情報をご確認ください。

[2020年]

・5月5-6日, ベルギー【発表申込締切:2020年2月15日】  
The Acquisition and Processing of Reference and Anaphora Resolution

・5月14-16日, ポーランド【発表申込締切:2020年1月31日】  
32nd International Conference on Foreign/Second Language Acquisition

・ 6月24-26日, Rorschach / Switzerland【発表申込締切:2019年11月30日】
Variation in Language Acquisition (ViLA 4)

・7月1-2日, University Teknologi Malaysia【発表申込締切:2020年3月31日】
LSP-PacSLRF2020

・7月2-3日, イングランド【発表申込締切:2020年3月31日】  
3rd University of Westminster International Linguistics Conference

・7月2-5日, 台湾【発表申込締切:2020年2月15日】
13th International Conference of English as a Lingua Franca 

・8月3-7日, オランダ【発表申込締切:2020年2月15日】  
Experimental Approaches to Language Universals

・8月9-14日, Groningen, オランダ 【発表申込締切(シンポジウム):2019年5月6日】
AILA2020

・8月21-23日, the University of Iceland, Reykjavík, Iceland【発表申込締切:2020年1月15日】
Generative Approaches to Language Acquisition ‒ North America 9 (GALANA 9)

・9月10-13日, National Institute for Japanese Language and Linguistics, 国立国語研究所 【発表申込締切:2019年9月30日】
QUALICO 2020 (International Quantitative Linguistics Conference)

【他学会】第11回日本語実用言語学国際会議 (ICPLJ11) 発表者募集

国立国語研究所では、今年12月にNINJAL国際シンポジウム 「第11回日本語実用言語学国際会議 (ICPLJ11) 」を開催いたします。[pdf]

2020年12月19日 (土) : シンポジウム
2020年12月20日 (日) : 口頭発表とポスター発表
会場: 国立国語研究所 http://www.ninjal.ac.jp/

シンポジウム 「さまざまな角度から見た日本語のコミュニケーション」

パネリスト : ポリー・ザトラウスキー (ミネソタ大学)、曹 大峰 (北京日本学研究センター)、マルチェッラ・マリオッティ (ヴェネツィア カ・フォスカリ大学)、森 篤嗣 (京都外国語大学)、坊農 真弓 (国立情報学研究所)

司会 : 野田尚史 (国立国語研究所)

開催の趣旨:
日本語実用言語学国際会議 (ICPLJ) は、日本語の研究を活性化するとともに、理論的な言語研究と応用的・実用的な研究との間の橋渡しの役割を果たすことを目的として1998年に創設され、音韻論、形態論、統語論、意味論、語彙論、語用論、談話分析、応用言語学、 コーパス言語学、心理言語学、社会言語学、第二言語習得研究、バイリンガリズム、言語教授法、言語教育工学、言語学習支援、言語産出などを対象として含みます。今回の ICPLJ は、日本語研究と日本語教育研究の最先端における研究者が一堂に会し、研究成果を日本語教育の分野における実際的な応用に役立てるための議論の場を提供したいと考えています。

===================================================
発表募集:
開催目的にふさわしい研究発表(「口頭発表」または「ポスター発表」)を募集します。希望される方は、以下のURLにアクセスし、発表募集要領、応募様式1・2を必ずご確認ください。
日本語版(Japanese): https://www.ninjal.ac.jp/event/specialists/symposium/20201219_intlsympo/
英語版 (English):https://www.ninjal.ac.jp/english/event/specialists/symposium/20201219_intlsympo/

発表募集締め切り:
2020年8月10日(月)必着

若手研究者支援:
若手研究者を支援するため、発表が決定した若手研究者 (特に大学院生) のうち、特に優れた発表者 (若干名) に対しては国内の旅費を提供する予定です。

問い合わせ先:
icplj11-office@ninjal.ac.jp

===================================================

【他学会】LSP-PacSLRF 2020 [July 1-2, 2020, Universiti Teknologi Malaysia]

LSP-PacSLRF2020LSP-PacSLRF 2020 Conference is a joint
conference of the 12th Language for
Specific Purposes International Seminar
and the 8th Pacific Second Language
Research Forum hosted by
Universiti Teknologi Malaysia (UTM).
[web]

*Deadline for submission of abstract
- extended to 31 March 2020

【他学会】Micro-variation in Multilingualism [September 17-18, 2020, UiT The Arctic University of Norway]

 

 *Micro-variation in MultilingualismUiT The Arctic University of Norway September 17-18, 2020 We are inviting proposals for the workshop Micro-variation in Multilingualism hosted by the AcqVA (Acquisition, Variation & Attrition) <http://site.uit.no/acqva/> research group and the project MiMS (Microvariation in Multilingual acquisition & attrition Situations) <http://site.uit.no/mims/>, funded by the Research Council of Norway 2016-2020.

Keynote speakers
-Theresa Biberauer <https://www.mmll.cam.ac.uk/dr-theresa-biberauer> (University of Cambridge)
- Cristina Flores <http://cehum.ilch.uminho.pt/researchers/2> (University of Minho)
- Michael Putnam <https://psumikeputnam.weebly.com/> (Penn State University)
- Lydia White <https://www.mcgill.ca/linguistics/lydia-white> (McGill University)

 The aim of this workshop is to bring together researchers working on micro-variation in bi- and multilingual populations on topics that are (directly or indirectly) related to the questions investigated in MiMS. Topics that extend the focus of the project, e.g. to different language combinations, different linguistic phenomena or different populations, are especially welcome. The following is a brief project description (more information may be found on the MiMS project website <http://site.uit.no/mims/>)
:The MiMS project addresses central issues in linguistics within a new approach to language acquisition and attrition, the Micro-Cue Model (MCM,) which has been developed in a number of publications in recent years (e.g. Westergaard 2009, 2014) based on data from monolingual acquisition. The fundamental claim of the model is that young children do not learn language by setting large-scale parameters, but that they are sensitive to fine linguistic distinctions from early on.

 The MiMS project extends this theoretical approach to multilingual situations, and new data are collected from several populations of bi- and multilingual children and adults, e.g. German-Russian bilingual children, Norwegian-American heritage speakers, and bilingual children learning a third language. The focus is on (morpho-)syntactic micro-variation in Norwegian, Russian, German and English, related to word order and certain aspects of nominal structure (grammatical gender, determiner use).

   These languages and these syntactic constructions represent interesting combinations of challenges, both for children acquiring and adults maintaining these systems in multilingual contexts. According to the MCM, both acquisition and change take place in small steps. The MiMS project investigates to what extent these small steps and fine distinctions are also operative in multilingualism, as cross-linguistic influence. By identifying the small steps (referred to as micro-cues), the project increases our understanding of the human language faculty and the building blocks of language. It also investigates the effect of more general

factors such as complexity, frequency and economy in the acquisition and attrition processes. Some of the results of the project may be found in Westergaard et al. (2017), Anderssen et al. (2018), Mitrofanova et al. (2018) and Westergaard (2019).The deadline for abstract submissions is May 15, 2020.

> Please find the abstract submission link here: https://easychair.org/conferences/?conf=mims2020<https://easychair.org/conferences/?conf=mims2020> We welcome both paper and poster presentations. We also encourage junior researchers to submit their work. Length of presentations is 20 minutes followed by 10 minutes for Q&A. We plan to publish a special issue in Linguistic Approaches to Bilingualism (LAB) after this workshop. Length of abstracts: max. 1 page; references, examples, charts and tables may be provided on an additional page. Travel grants: PhD and MA students may apply for three travel grants of NOK 5,000 each. Please indicate your interest when submitting your abstract. We look forward to welcoming you to Tromsø in September 2020!

【その他】Call for Applications for Hong Kong PhD Fellowship Scheme, 2020-21

The deadline for application for the Scheme is 2 December 2019 
(12 noon Hong Kong time).HKFPS eposter_2020-21 entryThe results will be announced by the RGC in March 2020. Firm admission offer with regular postgraduate studentship will be given to selected CityU’s nominees, even if they are not awarded the Fellowship by the RGC. The admission offer will be confirmed by the University in January 2020. [pdf]



【他学会】Information on KIMLI 2020 Congress [2020年8月20-22日, UNHAS, Indonesia]

KIMLI 2020 FlyerPlease find attached flyer of KIMLI, International Congress of Indonesian Linguistic Society 2020 that will be conducted at UNHAS in cooperation with Indonesian Linguistic Society.

【その他】 『多言語母語の日本語学習者横断コーパス(I-JAS)』(第三次データ)一般公開のお知らせ

このたび、国立国語研究所 日本語教育研究領域では『多言語母語の日本語学習者横断コーパス』(I-JAS)の第三次データを公開いたしました。 (第一次・第二次データでは、これまで400名の日本語学習者(12の言語の母語話者)と50名の日本語母語話者のデータが含まれています。)

今回、第三次公開で追加されたデータは、中国語母語話者50名、ベトナム語母語話者35名、ハンガリー語母語話者35名、
スペイン語母語話者35名、ロシア語母語話者35名、国内教室環境学習者10名、国内自然環境学習者10名の計210名分です。
利用できるシステムおよびデータは、以下の通りです。

(1)検索システム『I-JAS中納言 第三次公開版』

(2)発話プレインテキスト

(3)発話の音声データ

I-JASのHPおよび第三次データの詳細情報は以下のサイトにて掲載 しています。

第三次データをご使用の前に必ずご参照ください。

●I-JAS HP:http://lsaj.ninjal.ac.jp/

●第三次データの詳細

I-JAS関連資料>http://lsaj.ninjal.ac.jp/?page_id=364

I-JAS第三次公開にともない、I-JASのデータは、610名の日本語学習者と50名の日本語母語話者のデータが揃いました是非、ご利用ください。

尚、I-JASに関するお問い合わせの連絡先は以下のとおりですデータの不備等を見つけられた方は、ご連絡をよろしくお願いいたします。

問合せ先:国立国語研究所 日本語教育研究領域 I-JASチームlsaj@ninjal.ac.jp

                                   I-JAS プロジェクトチーム 迫田久美子

                                                    佐々木藍子

                                                    須賀和香子

                                                    細井陽子

【その他】松岡和美氏(慶応義塾大学)監修 NHK『みんなの手話』

みなさま

慶応義塾大学の松岡和美氏がこの4月よりNHK『みんなの手話』の監修者になられました:

https://www.nhk.or.jp/heart-net/syuwa/program/index.html

松岡氏によると、authenticな日本手話が勉強できる内容になっているそうです。監修者あいさつ(テキスト)では、「日本手話」と「日本語対応手話」の違いなどWH-疑問文の例を挙げて説明され、番組への思いや熱意も伝わってきます。放送は、Eテレ日曜日午後7:30-7:55(再放送 金曜日午後1:05-1:30)です。4月8日(日)スタートです。日本手話やその習得について関心のある学生さんなどにもご紹介いただければ幸いです。

PageTop [↑]