第二言語習得学会 The Japan Second Language Association

【他学会】2019年度 国内・国際学会 開催情報

2019年度に行われる 国内・国際学会一覧です(J-SLAの分野と近い学会)。
各学会のHPで 必ず情報をご確認ください。

[2019年]

・3月16-17日, Tsinghua University, 北京【発表申込締切:2018年12月10日】
The International Conference on Theoretical East Asian Psycholinguistics (ICTEAP)

・3月22-24日, University of Nevada Reno, アメリカ【発表申込締切:2018年11月2日】
XV Generative Approaches to Second Language Acquisition Conference

・3月25-27日, University of Malta,  マルタ【発表申込締切:2018年8月1日】
2nd International Conference on Bilingualism

・3月29-31日, University of Colorado Boulder, アメリカ【発表申込締切:2018年12月10日】
32nd CUNY Conference on Human Sentence Processing (CUNY 2019)

・6月17-19日, フィンランド【発表申込締切:2018年11月5日】 
 Thinking, Doing, Learning: Usage based perspectives on second language learning (TDL4)

・6月23-28日, カナダ【発表申込締切:2018年 10月15日】
International Symposium on Bilingualism 12 (ISB12)

・6月26-28日, Palma de Mallorca, スペイン【発表申込締切:2018年12月1日】
Experimental Psycholinguistics Conference (EPC)

・7月1-3日, イギリス【発表申込締切:2018年12月25日】
Acquisition of Chinese: Bilingualism and Multilingualism

・8月28-31日, ルンド, スウェーデン【発表申込締切:2019年2月15日】
The European Second Language Association 29th Annual Conference (EuroSLA)

・9月12-14日, University of Milano-Bicocca,イタリア【発表申込締切:2019年3月15日】
Generative Approaches to Language Acquisition (GALA) 14

 ・9月19-22日, Michigan State University, アメリカ【発表申込締切:2019年3月3日】
Second Language Research Forum (SLRF) 2019

【講演会】鈴木祐一氏 講演会[2019年3月18日多摩キャンパス2号館4階研究所会議室1]

中央大学人文科学研究所「言語知識の獲得と使用」チーム

公開研究会開催のお知らせ
下記のとおり公開研究会を開催しますのでご出席くださるようよろしくお願いいたします。

日 時: 2019年3月18日(月)16:00~18:00
場 所: 多摩キャンパス2号館4階研究所会議室1
講 師: 鈴木 祐一 氏 (神奈川大学外国語学部准教授)
テーマ: 「Investigations into the neural basis of explicit and implicit second language knowledge」
 要 旨:This talk first provides an overview of previous research on measurements of explicit and implicit knowledge in a second language. After presenting theoretical distinctions between explicit and implicit knowledge, validity evidence for the previous measurements is critically evaluated from several perspectives (factor analytic approach, individual difference approach, and concurrent methodology). I then present my recent conceptual replication of the previous study (Suzuki & DeKeyser, 2015 in Language Learning) that cast doubt on the validity of traditional explicit and implicit knowledge tests. This ongoing study uses an fMRI technique and envisages to explore the neural basis of explicit and implicit knowledge.

使用言語: 英語(通訳なし)

【教員公募】九州工業大学英語教員の公募

本学では、英語教員3名を公募しております。
詳しくはこちらをご覧ください。
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=4&id=D119020453&ln_jor=0&top_btn=1

 

【他学会】XV Generative Approaches to Second Language Acquisition conference (GASLA 15) [2019年3月22日-24日, University of Nevada, Reno]

The Department of World Languages and Literatures at the University of Nevada, Reno is pleased to announce the XV Generative Approaches to Second Language Acquisition conference (GASLA 15) to be held at the University of Nevada Reno on March 22-24th, 2019.

【他学会】Second Call for Papers:ICTEAP-2 [2019年3月16-17日, Tsinghua University, Beijing]

ICTEAP-2 poster 1     It is our great pleasure to annouce that the Second International Conference on Theoretical East Asian Psycholinguistics (ICTEAP-2) will be held on March 16-17, 2019, at Tsinghua University, Beijing, China. We invite submissions of papers in any area of L1 and L2 acquisition, (bimodal) bilingual acquisition, language processing, and cognitive neuroscience of language, among others, as well as theoretical studies (in phonology, morphology, syntax, semantics, or pragmatics) that have implications for “Plato’s Problems”.
Important dates:
Deadline for abstract submissions: December 10, 2018
Notification of acceptance: January 25, 2019.
More details can be found at the conference website: https://icteap2019.github.io/2018/10/cfp/. You can also access the conference information and call for papers at https://linguistlist.org/issues/29/29-3810.html. 
We would be much grateful if you could help spread the conference information. Attached please find the conference poster.
If you hany any question, please feel free to contact us.
Thank you for your support and we look forward to welcoming you at Tsinghua University!

【他学会】学会発表募集(締切日2018年12月25日) Acquisition of Chinese: Bilingualism and Multilingualism[開催日2019年7月1日-3日Churchill College, University of Cambridge]

     We are inviting abstracts for presentations at a conference on Acquisition of Chinese: Bilingualism and Multilingualism, which will take place on 1-3 July 2019 at Churchill College, University of Cambridge, Cambridge, The United Kingdom. (The deadline for submission of abstract is 25th Dec. 2018.) At this conference, we will take Chinese as a target language, and the aim is to bring together researchers in the fields of bilingual and multilingual research to discuss issues in L2, L3 or Ln acquisition of Chinese by adults, children and heritage speakers. We particularly welcome papers focusing on theoretical (linguistic, psycholinguistic, cognitive, etc.) and empirical approaches to these themes. More detailed information can be found at the following website.

http://www.acbm2019.co.uk/index.html

We would be grateful if you could help to publicise this conference. It goes without saying that we welcome your submissions as well.

With my best wishes and thanks,

【その他】パデュー大学大学院生募集

米国インディアナ州パデュー大学では、添付書類の通り、日本語教育、日本語の(応用)言語学的研究に興味のある大学院志願者を募集しています。修士課程、博士課程どちらでも出願可能です。合格者はハーフタイムの非常勤講師として雇用、授業料免除に加えて年収US$18,000が支給されます。そしてこの待遇は、特に問題がない限り修士課程の二年間、博士課程の最高五年間保証します。詳しくは、こちらをご覧ください。

【その他】 『多言語母語の日本語学習者横断コーパス(I-JAS)』(第三次データ)一般公開のお知らせ

このたび、国立国語研究所 日本語教育研究領域では『多言語母語の日本語学習者横断コーパス』(I-JAS)の第三次データを公開いたしました。 (第一次・第二次データでは、これまで400名の日本語学習者(12の言語の母語話者)と50名の日本語母語話者のデータが含まれています。)

今回、第三次公開で追加されたデータは、中国語母語話者50名、ベトナム語母語話者35名、ハンガリー語母語話者35名、
スペイン語母語話者35名、ロシア語母語話者35名、国内教室環境学習者10名、国内自然環境学習者10名の計210名分です。
利用できるシステムおよびデータは、以下の通りです。

(1)検索システム『I-JAS中納言 第三次公開版』

(2)発話プレインテキスト

(3)発話の音声データ

I-JASのHPおよび第三次データの詳細情報は以下のサイトにて掲載 しています。

第三次データをご使用の前に必ずご参照ください。

●I-JAS HP:http://lsaj.ninjal.ac.jp/

●第三次データの詳細

I-JAS関連資料>http://lsaj.ninjal.ac.jp/?page_id=364

I-JAS第三次公開にともない、I-JASのデータは、610名の日本語学習者と50名の日本語母語話者のデータが揃いました是非、ご利用ください。

尚、I-JASに関するお問い合わせの連絡先は以下のとおりですデータの不備等を見つけられた方は、ご連絡をよろしくお願いいたします。

問合せ先:国立国語研究所 日本語教育研究領域 I-JASチームlsaj@ninjal.ac.jp

                                   I-JAS プロジェクトチーム 迫田久美子

                                                    佐々木藍子

                                                    須賀和香子

                                                    細井陽子

【その他】松岡和美氏(慶応義塾大学)監修 NHK『みんなの手話』

みなさま

慶応義塾大学の松岡和美氏がこの4月よりNHK『みんなの手話』の監修者になられました:

https://www.nhk.or.jp/heart-net/syuwa/program/index.html

松岡氏によると、authenticな日本手話が勉強できる内容になっているそうです。監修者あいさつ(テキスト)では、「日本手話」と「日本語対応手話」の違いなどWH-疑問文の例を挙げて説明され、番組への思いや熱意も伝わってきます。放送は、Eテレ日曜日午後7:30-7:55(再放送 金曜日午後1:05-1:30)です。4月8日(日)スタートです。日本手話やその習得について関心のある学生さんなどにもご紹介いただければ幸いです。

PageTop [↑]