第二言語習得学会 The Japan Second Language Association

第1回年次大会 (J-SLA2001)

第1回 日本第二言語習得学会年次大会 (J-SLA2001)

日程: 2001年5月26日(土)
会場: 大東文化会館

プログラム

10:00-10:40 ワークショップ 第1部
「第二言語習得研究で明らかにされてきたこと:そのウソほんと?」
担当:若林 茂則(群馬県立女子大学)

10:50-12:10 ワークショップ 第2部
「第二言語習得研究の実際:困ってるんですけど、どうしたら良いんでしょうか。一緒に考えましょう。」
担当:白畑 知彦(静岡大学)・若林 茂則(群馬県立女子大学)

13:00-14:15 記念講演
中島 平三 (東京都立大学)
「生成理論と構文の習得」

14:20-15:00 研究発表
近藤 眞理子(早稲田大学)
「英語話者による日本語のリズムの習得過程」

15:00-15:40 研究発表
古軸 悠紀子(テンプル大学大学院)
Acquisition of particles WA and GA: An old theme revisited in a new approach

15:50-16:30 研究発表
坂内 昌徳(福島工業高等専門学校)
「関係節の習得過程における「付加部」と「島」 ―日本人英語学習者のデータから−」

16:30-17:10 研究発表
山根 麻紀(新潟県立女子短期大学)
「成人英語学習者の複合WH疑問文における文法性判断について」

17:10-17:50 研究発表
藤森 敦之
「日本語話者にみるSubjacencyの作動要因  ―英語の関係節を例として―」

17:50-18:30 閉会式

懇親会

PageTop [↑]