第二言語習得学会 The Japan Second Language Association

第4回年次大会 (J-SLA2004)

第4回 日本第二言語習得学会年次大会 (J-SLA2004)

日程: 2004年6月5日(土)~ 6日(日)
会場: 群馬県庁舎 29階(群馬県前橋市)

プログラム 6月5日(土)

10:00-12:00 Workshop

13:10-13:55 Oral Presentation
Cui Songzi (Tohoku University)
Honyakubun niokeru nihongo no jyoshi no goyou: L3 sanshutu wo megutte

14:00-14:45 Oral Presentation
Yasuko Ito (University of Hawai’i at Manoa)
Native Japanese speakers’ perception of English back vowels: Examining Flege’s (1995) and Best’s (1995) models of the acquisition of L2 speech sounds

15:15-16:00 Oral Presentation
Akiko Kashiwagi
Mineharu Nakayama (The Ohio State University)
Case marker drop phenomena in L2 Japanese

16:05-16:50 Oral Presentation
Koichi Otaki (Keio University)
“Be” Overgeneration in Second Language Acquisition: A Comparison between L2 English and L2 French

16:55-17:40 Oral Presentation
Hajime Hattori (Aichi Prefectural University)
The Acquisition of Why by Japanese Advanced Learners of English

プログラム 6月6日(日)

9:30-10:15 Oral Presentation
Kazue Kanno (University of Hawai’i at Manoa)
Chisako Umeda (Ritsumeikan Asia Pacific University)
Factors affecting the processing of relative clauses by L2 learner

10:20-11:05 Oral Presentation
Akira Omaki (University of Hawai’i at Manoa)
Ken Ariji (Shinshu University)
Exploring the Properties of the L2 Parser: A View from Processing of Relative Clauses

11:40-12:20 Poster Presentation
朴 成泰・青森 剛(東北大学)
「日韓両言語における発話の重なりに関する一考察」

崔 松子(東北大学大学院国際文化研究科)
「翻訳文における日本語の助詞の誤用-L3産出をめぐって-」

平井 崇晴(コンピュータ日本学院専門学校)
吉田 智佳(天理大学)
「習得過程を説明する言語習得モデルについて(1)」

Yuhko Kayama(マギル大学)
Adjunct/Argument relativization in L2 Japanese

金子 明日香(静岡県立大学)
「英語の連続循環wh移動の理解―予備実験の結果から」

小谷 克則・谷村 緑・仲本 康一郎・井佐原 均(情報通信研究機構・近畿大学)
「時制はどう習得されるか―従属節を中心に」

南 雅彦(サンフランシスコ州立大学)
梶原 真樹子(信州大学)
「ナラティヴ分析―トピックの導入、維持に関する日英比較を通して」

中井 延美(明海大学)
「言語における普遍要素としての『定・不定(DEFINITENESS/INDEFINITENESS)』の認識」

大矢 政徳・上田 倫史・中野 美知子(早稲田大学)
「英語使役構文の受動態化における日本人英語学習者の母語干渉に関する一考察」

坂元 真理子(鹿児島工業高等専門学校)
「日本人の英語学習者による与格交替の習得に関する研究:文法性判断と反応時間に焦点を当てて」

Harry Solvang(ATR人間情報科学研究所)
Possible obstacles to the acquisition of Japanese conditionals

13:20-14:45 Plenary Speech
Roger Hawkins (University of Essex)
Explaining full and partial success in the acquisition of second language grammatical properties

14:50-15:35 Oral Presentation
Kazuo Tamaoka, Makoto Miyatani, Cho Cho, Maiko Shiraishi, & Naoko Yoshimura (Hiroshima University)
Symmetry or asymmetry? – An event-related potential (ERP) study on the language processing of Chinese and Japanese bilinguals

15:40-16:25 Oral Presentation
Hideko Shibasaki (Tokyo University)
Dainigengo niokeru dokkai no hyoushomeidaikouzou to haikeitishiki oyobi goitishiki no kakawari

PageTop [↑]