第二言語習得学会 The Japan Second Language Association

2006年 J-SLA夏季セミナー

2006年 夏季セミナー

期日: 2006年9月3日(日)~ 9月6日(水)
場所: 中央大学野尻湖セミナーハウス(長野県黒姫)

プログラム 9月3日(日)

14:00-14:10 開会式

14:15-15:00
亀井 裕章(中央大学)
「日本人英語学習者と空前置詞現象」

15:10-15:55
小杉 明正(中央大学)
「日本人英語学習者のin, at, onの使用:時を表す場合」

16:05-16:50
後藤 佐知子(中央大学)
「日本人英語学習者の使役表現の習得」

17:00-18:00
小嶋 隆雅(獨協大学)
Language Learning Strategies and English Proficiency: A study of Japanese University Students

20:00-21:00 クイズ大会

プログラム 9月4日(月)

8:30 – 9:15
佐藤 安邦(中央大学)
「日本人英語学習者の英語のメンタルレキシコン」

9:15-10:00
川島 聡子(中央大学)
「日本人英語学習者の冠詞の習得」

10:15-11:00
岩崎 美波(中央大学)
「日本人英語学習者による否定疑問文の使用と習得」

11:00-11:45
内山 百合子(中央大学)
「テイル」は英語でどうなるかわかっているの?」

13:00-13:45
市橋 義孝(上智大学)
The availability of that-trace effect violation by Japanese learners of English

13:55-14:40
澁谷 真由美(中央大学)
「3人称単数現在の-sの誤りは、日本人英語学習者の文処理にどう影響するか。」

15:00-18:00 レクリエーション

20:00-21:00 質問会

プログラム 9月5日(火)

8:30 – 9:30
隈上 麻衣(九州大学)
Strategy-based explanation: the acquisition of English wh-questions by intermediate Japanese learners

9:45-10:45
吉田 智佳(天理大学)
「中国語母語話者の日本語束縛形式「自分」の習得について」

11:00-12:00
横田 秀樹(岐阜医療科学大学)
Probes and landing sites for wh-movement in L2A

13:00-14:30
平井 崇晴(コンピュータ日本学院専門学校)
「「平井から見える景色」– 数学の観点から感じること」

14:30-15:30 ディスカッション (1)
「第二言語習得研究における理論とデータ」

15:30-18:00 レクリエーション

18:00-22:00 懇親会&花火大会

プログラム 9月6日(水)

8:30-10:00
若林 茂則(中央大学)
「2000年以降の第二言語習得研究」

10:15-11:45 ディスカッション (2)
「第二言語習得研究と関連分野」

11:45-12:00 閉会式

PageTop [↑]