第二言語習得学会 The Japan Second Language Association

2011年 J-SLA夏季セミナー

2011年 夏季セミナー

期日: 2011年8月30日(火)~ 9月1日(木)
場所: 関西セミナーハウス

プログラム 8月30日(火)

12:30-13:00 開会式

13:10-14:15 ワークショップ&討論Ⅰ
「日本人英語学習者の中間言語:語彙」
講師:若林 茂則(中央大学)

14:20-15:25 ワークショップ&討論Ⅱ
「日本人英語学習者の中間言語:音韻」
講師:川崎 貴子(法政大学)

15:30-16:35 ワークショップ&討論Ⅲ
「日本人英語学習者の中間言語:談話」
講師:若林 茂則(中央大学)

16:40-17:45 ワークショップ&討論Ⅳ
「日本人英語学習者の中間言語:形態、統語」
講師:スネープ ニール(群馬県立女子大学)

18:00-19:00 食事

19:30-21:00 質問会

プログラム 8月31日(水)

8:00 – 8:50 朝食

9:00 – 9:40 研究発表Ⅰ
竹内 まりや(東京大学)
「フォーカス・オン・フォームを用いたタスク活動による言語指導の効果」

9:45-10:25 研究発表Ⅱ
片山 圭巳(県立広島大学)
「音素配列上の生起制限が第二言語学習者の言語処理に与える影響(研究計画)」

10:40-11:20 研究発表Ⅲ
秋本 隆之・穂苅 友洋(中央大学)
隈上 麻衣(ニューヨーク市立大学)
The production of Japanese VV compounds by English, Chinese, and Korean speakers

11:25-12:05 研究発表Ⅳ
川崎 貴子(法政大学)
マシューズ ジョン(中央大学)
田中 邦佳(法政大学大学院)
大舘 善文(中央大学大学院)
「音韻知覚における音響的手がかりの影響:日本語母語話者による歯間摩擦音知覚」

12:05-13:00 昼食

13:00-13:40 研究発表Ⅴ
吉田 智佳(天理大学)
白畑 知彦(静岡大学)
Performance of a Chinese learner of Japanese: focusing on the acquisition of Japanese particles

13:45-14:25 研究発表Ⅵ
木村 浩隆(中央大学)
The acquisition of double object dative in English by Japanese learners of English

14:40-15:20 研究発表Ⅶ
鈴木 一徳・國兼 朝子(文教大学)
L2 Acquisition of Psych Adjectives ‘-ed’ vs. ‘-ing’ in English by Japanese Speakers

15:25-16:05 研究発表Ⅷ
澁谷 真由美(中央大学)
「日本人英語学習者による機能形態素の習得」

18:30-20:30 懇親会

プログラム 9月1日(木)

8:00-8:50 朝食

9:00-10:00 今までの研究と今後の展開Ⅰ
平川 眞規子(文教大学)
「自動詞(unaccusative)の習得について」

10:00-11:00 今までの研究と今後の展開Ⅱ
狩野 暁洋(活水女子大学)
「再帰代名詞の習得について」

11:00- 閉会式

PageTop [↑]