年次大会口頭発表優秀賞

J-SLA 年次大会口頭発表優秀賞受賞者一覧

2019

受賞者:

Seth Goss (Emory University) & Seth Wiener (Carnegie Mellon University)

タイトル:

Informativeness outweighs experience: The cumulative effect of F0 informativeness on second and third language learners’ sensitivity to Japanese lexical pitch

2018

受賞者:

Mari Miyao (Kyoto Women’s University), Amy Schafer (University of Hawai‘i), & Bonnie D. Schwartz (University of Hawai‘i)

タイトル:

On integrating syntax and discourse in the L2 production of English referential expressions

2017

受賞者:

Haruka Woods (The Australian National University)

タイトル:

Syntax-discourse interface in L2 acquisition: Case of Japanese wa and ga

2015

受賞者:

Yohei Hirano (Hiroshima University) 平野洋平(広島大学)

タイトル:

Influential factors on acceptability of English resultative constructions for Japanese learners of English

日本語話者英語学習者による英語結果構文の容認度に影響を及ぼす要因

2014

受賞者:

Chie Nakamura (The University of Tokyo/JSPS), Manabu Arai (The University of Tokyo), Yasunari Harada (Waseda University), & Yuki Hirose (The University of Tokyo)

タイトル:

L2 learners’ use of verb subcategorization information in processing filler-gap dependencies


口頭発表評価基準

口頭発表優秀賞

J-SLAでは毎年の年次大会において口頭発表優秀賞を設け、最も優れた口頭発表をした方を表彰しています。口頭発表を評価するための具体的な基準は以下の通りです。

1. 発表の仕方(5点)

2. 議論の明快さ(5点)

3. 独創性(5点)

4. 全体評価(5点)

これらの基準から最高得点を獲得した発表者に口頭発表優秀賞が授与されます。審査員は審査委員会のメンバーにより構成されます。